<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アナトミートレイン2011名古屋クラス | main | アナトミートレイン2011ご参加ありがとうございました >>

アナトミートレイン2011東京クラス 申し込み受付中!!!

来年4月21日〜23日、25日〜27日に開催されるトーマス・マイヤースのアナトミートレインワークショップの参加申し込み、ただいま受付中です!!

421日(木)~23日(土)は、


ボディリーディングと筋筋膜フィットネス

をテーマにした3日間ワークショップ

参加対象はマニュアルセラピスト&ムーブメントセラピスト&運動指導者

ボディリーディングは、姿勢分析のための画期的なメソッドです。マッサージセラピスト、ピラティス指導者、ヨガ指導者を始め、姿勢のアライメントを整えることに関わる様々なプラクティショナーの皆さんにとって、このワークショップは、クライアントの持つストレスパターンを解消し、長期的に持続する効果的なアプローチのための構造的なキーポイントを見つけるための素晴らしいチャンスです。

クライアントの姿勢分析を行う時に、部分にとらわれることなく,その全体像が捉えられるようになる方法を学び、また見て,感じて得た情報に基づいたセッションプランの立て方も学ぶことができます。

適切なボディメカニクスに関する情報を学んでクライアントのストレスのパターンを解決するための方法を開発したいとは思いませんか?

このワークショップでは、セルフリリースを適用した筋膜のコンディショニング方法も学びます。

欧米では,運動指導の現場でも,筋筋膜のコンディショニングの重要性への認識が強まっています。身体能力のポテンシャルを最大限に引き出すためにも,是非筋筋膜のフィットネスレベルを高める方法を学びましょう!


425日(月)~27日(水)は、


Body3シリーズ:腰痛解消

をテーマにした3日間ワークショップ

参加対象は、徒手療法家/マニュアルセラピスト

身体を部分ではなく全体として捉えたトリートメント戦略とアドバンスレベルのテクニックの実践を学びます。経験のあるセラピストの皆さんが更に詳細でフォーカスをもった手技を獲得することを目的として、腰痛に関連した身体部位に的を絞り探究をする3日間のワークショップです。

このワークショップでは,背骨をテンセグリティーの構造として捉え、骨が筋筋膜のバランスの中でいかに浮かんでいるのかを検証していきます。アセスメント方法や、筋筋膜へのアプローチ、背骨のバランスを整えることによって、腰痛に関連した制限を取り去るためのテクニックを学びましょう。

1:前方/後方への弯曲、ロードシス&カイフォシス

2:側屈

3:ローテーション/カウンターローテーション

4:背骨の前後における支持バランス

5:体幹部から頸椎、仙骨へのバランス

等へのアプローチも含みます。


各コースとも、

クラス開催時間は 各日10:00~18:00(昼休憩含む)

会場は、東京都千代田区紀尾井町

    明治薬科大学剛堂会館。

参加費は3日間で75,000円となります。

両クラス共にご参加お申し込みの方には、参加費の10% 

オフの料金(135,000円)にてご参加いただけます。


25日から27日のクラスでは、例年通り、マッサージテーブルのご提供によるテーブル割引もございますので、ご確認下さい。


ワークショップのチラシはこちらからダウンロードしていただけます。


お申し込みは、somatic systems ストアサイト

http://somaticsystemshop.com/

から受け付けさせていただきます。


人気のあるクラスですので、乗り遅れないでくださいね!


お問い合わせは、http://somatic-systems.com/ja/contact まで。


皆様のご参加をお待ちいたしております。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.anatomytrains.jp/trackback/808238
この記事に対するトラックバック