<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アナトミートレイン2011ご参加ありがとうございました

 ご報告が遅くなってしまいましたが、トーマス・マイヤースを迎えての2011年のアナトミートレイン東京クラスが無事終了いたしました。

4月21日〜23日の3日間は、ボディリーディングと筋筋膜フィットネスをテーマとしたムーブメント中心のクラス。

ピラティスをはじめとするムーブメント指導者の皆さんや、トレーナーの皆さん、そして理学療法士やその他ボディワーカーの皆さん、約50名の方々にご参加をいただきました。

ペアになってのエクササイズや、動きを模写するエクササイズ等、参加者の皆さんが実際に自分のからだを通して実感できるエクササイズがいくつも紹介されていきます。


筋筋膜のフィットネスでは、筋膜に関する最新の情報や、筋膜の粘性、弾性、それぞれの性質をより向上させるためのアプローチの方法等も紹介され、参加者の皆さんは熱心にノートを取っていらっしゃいました。


皆さん、沢山の新しいアイデアを吸収することができたのではないでしょうか?

そして、4月25日〜27日の3日間は、腰部をテーマとした徒手療法のテクニッククラス。
理学療法士、マッサージセラピストの皆さんをはじめとして、徒手療法に関わっている皆さん31名にご参加をいただきました。

2日間という限られた時間の中で、次から次へと筋膜へのアプローチのテクニックが紹介されていきます。


筋膜へのアプローチに慣れていない皆さんにとっては、かなりスピードの速いクラスの進み方だったのではないかと思いますが、皆さん、しっかりとついてきてくださいました。

慣れないアプローチも、まずはとにかく繰り返して練習してみること。繰り返すうちに、感覚も向上していくはず。

クラスで紹介されたテクニックの中から、参加者の皆さんそれぞれが有効に使い易いテクニックをお仕事の現場でも使っていただけていると良いなぁ、と感じています。

前半のクラスは、クラス終了前に参加者全員で写真を撮影させていただくチャンスを逃してしまいましたが、後半のクラスではタイミングをキャッチ!


クラスにご参加くださった皆さん、そしてアシスタントとしてお手伝いをしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

ワークショップを無事終了した今、皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。


- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

アナトミートレイン2011東京クラス 申し込み受付中!!!

来年4月21日〜23日、25日〜27日に開催されるトーマス・マイヤースのアナトミートレインワークショップの参加申し込み、ただいま受付中です!!

421日(木)~23日(土)は、


ボディリーディングと筋筋膜フィットネス

をテーマにした3日間ワークショップ

参加対象はマニュアルセラピスト&ムーブメントセラピスト&運動指導者

ボディリーディングは、姿勢分析のための画期的なメソッドです。マッサージセラピスト、ピラティス指導者、ヨガ指導者を始め、姿勢のアライメントを整えることに関わる様々なプラクティショナーの皆さんにとって、このワークショップは、クライアントの持つストレスパターンを解消し、長期的に持続する効果的なアプローチのための構造的なキーポイントを見つけるための素晴らしいチャンスです。

クライアントの姿勢分析を行う時に、部分にとらわれることなく,その全体像が捉えられるようになる方法を学び、また見て,感じて得た情報に基づいたセッションプランの立て方も学ぶことができます。

適切なボディメカニクスに関する情報を学んでクライアントのストレスのパターンを解決するための方法を開発したいとは思いませんか?

このワークショップでは、セルフリリースを適用した筋膜のコンディショニング方法も学びます。

欧米では,運動指導の現場でも,筋筋膜のコンディショニングの重要性への認識が強まっています。身体能力のポテンシャルを最大限に引き出すためにも,是非筋筋膜のフィットネスレベルを高める方法を学びましょう!


425日(月)~27日(水)は、


Body3シリーズ:腰痛解消

をテーマにした3日間ワークショップ

参加対象は、徒手療法家/マニュアルセラピスト

身体を部分ではなく全体として捉えたトリートメント戦略とアドバンスレベルのテクニックの実践を学びます。経験のあるセラピストの皆さんが更に詳細でフォーカスをもった手技を獲得することを目的として、腰痛に関連した身体部位に的を絞り探究をする3日間のワークショップです。

このワークショップでは,背骨をテンセグリティーの構造として捉え、骨が筋筋膜のバランスの中でいかに浮かんでいるのかを検証していきます。アセスメント方法や、筋筋膜へのアプローチ、背骨のバランスを整えることによって、腰痛に関連した制限を取り去るためのテクニックを学びましょう。

1:前方/後方への弯曲、ロードシス&カイフォシス

2:側屈

3:ローテーション/カウンターローテーション

4:背骨の前後における支持バランス

5:体幹部から頸椎、仙骨へのバランス

等へのアプローチも含みます。


各コースとも、

クラス開催時間は 各日10:00~18:00(昼休憩含む)

会場は、東京都千代田区紀尾井町

    明治薬科大学剛堂会館。

参加費は3日間で75,000円となります。

両クラス共にご参加お申し込みの方には、参加費の10% 

オフの料金(135,000円)にてご参加いただけます。


25日から27日のクラスでは、例年通り、マッサージテーブルのご提供によるテーブル割引もございますので、ご確認下さい。


ワークショップのチラシはこちらからダウンロードしていただけます。


お申し込みは、somatic systems ストアサイト

http://somaticsystemshop.com/

から受け付けさせていただきます。


人気のあるクラスですので、乗り遅れないでくださいね!


お問い合わせは、http://somatic-systems.com/ja/contact まで。


皆様のご参加をお待ちいたしております。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アナトミートレイン2011名古屋クラス

来春のアナトミートレインワークショップは、4月21日〜23日、25~27日の東京クラスに続いて、名古屋でも4月29日〜5月1日の3日間クラスが開催されます!

名古屋クラスのテーマは”歩行と呼吸のリパターニング”

日々の生活に欠かせない歩行と、日々2万回ほどしている呼吸。


これらのパターンから身体が受ける影響は計り知れません。

けれど、そのパターンは、あまりに日々のからだの使い方に馴染み過ぎてしまい、見たり分析したり、そこへ働きかけ変化させていくことがとても難しい!


歩行や呼吸の全体的なパターンの見方、からだという全体の中で呼吸と歩行の要素が供え持つ関係性への理解を深めていきます。

これらの問題を解決し、新しく持続できるリズムへと解放する鍵を見つけていきます。


歩行と呼吸の症状ではなく本当の問題点を発見できるボディーリーディング(診断)、アナトミートレイン筋筋膜経線マップでの代償パターンなどを学んでいきます。


このクラスでは以下の内容が含まれます:


・足や膝の動き、骨盤や腰椎のわずかな動きから読み取る、歩行パターンのボディーリーディング

・呼吸時に動きの少ない部分やうまく機能していない部分での呼吸パターンの評価

・首から骨盤にかけての呼吸を解放する、動きと手技のテクニック

・歩行をより信頼し、効果的で楽な動きへと解放・統合していく効果的なテクニック


☆モーションキャプチャーもしくはビデオを使いながら動きを見ていく予定をしています。


日時: 2011429日〜51


会場: 名古屋駅より徒歩13分(予約完了時に詳細をご連絡いたします)


参加費: 75,000


参加対象: 身体,ムーブメントに関わる施術・指導をされている方


定員: 40名 


講師:Thomas Myers トーマス・マイヤーズ


主催: ロルフィングスタジオ380 


問い合わせ/申し込み: info@rolfing380.jp

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ボディリーディング101 日本語吹き替え版発売


来年4月のアナトミートレイン東京クラス、まず最初のクラスは21日~23日の3日間の”ボディリーディングと筋筋膜のフィットネス”というクラスになりますが、このボディリーディングの自己学習ができるDVDセットの日本語吹き替え版が,ジャパンライム社より発売になります。

何名ものモデルさんに登場してもらって、実際の人々を対象とした姿勢と動きの分析を,トムのアドバイスを聞きながら、そして自分自身でも発見をしながら進めていく、姿勢分析の練習のための3枚組DVDセット。


ご購入はジャパンライム社のホームページからどうぞ!
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アナトミートレイン2011東京クラス 申し込み受付開始近づく!

暑い日が続いていますが,皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

2008年、2009年、そして2010年と、毎年最新の情報と共に来日し,素晴らしいワークショップを提供し続けてくれるトーマス・マイヤース。

来年2011年春の東京クラスの参加申し込み受付が9月1日からスタートいたします!!

来年のクラスも早い者勝ちになることが予想されますので、皆さんカレンダーにマークをしておいてくださいね!


来る20114月、トーマス・マイヤースを講師として招聘しての、アナトミートレインズワークショップが,東京、名古屋の二会場で開催されます。


東京クラスは、ムーブメント指導、運動指導に携わる方、そして徒手療法に携わる方を対象とした3日間のボディリーディングコース、そして、徒手療法に携わる方を対象とした3日間の腰痛解消をテーマとしたコース、という構成での開催となります。


各コースとも、KMI及びSomaticSystemsより、参加証明書の発行をさせていただきます。


421日(木)~23日(土)は、


ボディリーディングと筋筋膜フィットネス

をテーマにした3日間ワークショップ

参加対象はマニュアルセラピスト&ムーブメントセラピスト&運動指導者

ワークショップでカバーする内容は下記の通りとなります。

ボディリーディングは、姿勢分析のための画期的なメソッドです。マッサージセラピスト、ピラティス指導者、ヨガ指導者を始め、姿勢のアライメントを整えることに関わる様々なプラクティショナーの皆さんにとって、このワークショップは、クライアントの持つストレスパターンを解消し、長期的に持続する効果的なアプローチのための構造的なキーポイントを見つけるための素晴らしいチャンスです。

クライアントの姿勢分析を行う時に、部分にとらわれることなく,その全体像が捉えられるようになる方法を学び、また見て,感じて得た情報に基づいたセッションプランの立て方も学ぶことができます。

適切なボディメカニクスに関する情報を学んでクライアントのストレスのパターンを解決するための方法を開発したいとは思いませんか?

このワークショップでは、セルフリリースを適用した筋膜のコンディショニング方法も学びます。

欧米では,運動指導の現場でも,筋筋膜のコンディショニングの重要性への認識が強まっています。身体能力のポテンシャルを最大限に引き出すためにも,是非筋筋膜のフィットネスレベルを高める方法を学びましょう!


425日(月)~27日(水)は、


Body3シリーズ:腰痛解消

をテーマにした3日間ワークショップ

参加対象は、徒手療法家/マニュアルセラピスト


身体を部分ではなく全体として捉えたトリートメント戦略とアドバンスレベルのテクニックの実践を学びます。経験のあるセラピストの皆さんが更に詳細でフォーカスをもった手技を獲得することを目的として、腰痛に関連した身体部位に的を絞り探究をする3日間のワークショップです。

このワークショップでは,背骨をテンセグリティーの構造として捉え、骨が筋筋膜のバランスの中でいかに浮かんでいるのかを検証していきます。アセスメント方法や、筋筋膜へのアプローチ、背骨のバランスを整えることによって、腰痛に関連した制限を取り去るためのテクニックを学びましょう。

1:前方/後方への弯曲、ロードシス&カイフォシス

2:側屈

3:ローテーション/カウンターローテーション

4:背骨の前後における支持バランス

5:体幹部から頸椎、仙骨へのバランス

等へのアプローチも含みます。


各コースとも、

クラス開催時間は 各日10:00~18:00(昼休憩含む)

会場は、東京都千代田区紀尾井町

    明治薬科大学剛堂会館。

参加費は3日間で75,000円となります。

両クラス共にご参加お申し込みの方には、参加費の10% 

オフの料金(135,000円)にてご参加いただけます。


25日から27日のクラスでは、例年通り、マッサージテーブルのご提供によるテーブル割引もございますので、ご確認下さい。


お申し込み受付の開始日は、201091日からとさせていただきます。

お申し込みは、somatic systems ストアサイト

http://somaticsystemshop.com/

から受け付けさせていただきます。


人気のあるクラスですので、乗り遅れることのないように、今からご準備下さいね!


お問い合わせは、info@somatic-systems.com まで。


皆様のご参加をお待ちいたしております。


名古屋クラスに関しては、


http://blog.livedoor.jp/masa380/


を御覧ください。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |